芸能早まとめ

芸能早まとめは、芸能、俳優、女優、アイドル、モデル、韓国の俳優、
韓国の歌手、声優、アーティスト、の最新情報をまとめたブログです。
おもしろいと思ったら、ぜひフォローしてお願いします!!

    カテゴリ: アーティスト


    高嶋 ちさ子(たかしま ちさこ、1968年8月24日 - )は、日本のヴァイオリニスト。血液型A型。身長158cm。 東京都出身。父の高嶋弘之は東芝EMIの元ディレクターで、ビートルズを日本に紹介した人物である。その兄が俳優の高島忠夫(伯父)であり、高嶋政宏・政伸兄弟は従兄にあたるが、親戚としての交流はほぼ途絶えている。
    14キロバイト (1,611 語) - 2019年6月22日 (土) 06:02



    (出典 pbs.twimg.com)


    この人嫌いだわ〜。
    偉そうな事言ってると、そのうち干されるよ。

    1 ひかり ★ :2019/07/09(火) 00:12:57.05 ID:mc5jhQ+J9.net

    「新聞社やテレビ局など、多くのメディアが高嶋ちさ子に追悼コメントの取材を申し込んだのですが、所属事務所が応じることはありませんでした」と語るのは、ある芸能関係者。

    6月28日に高島忠夫さん(享年88)の逝去が公表された。遺族や多くの著名人が忠夫さんを悼む談話を発表するなか、姪でバイオリニストの高嶋ちさ子(50)は、
    自身の公式ツイッターなどでも、伯父との別れについていっさいふれることはなかった。高島家の知人は次のように語る。

    「実は忠夫さんの実弟で音楽ディレクターの高嶋弘之さん(85)も、その次女のちさ子さんも、密葬に参列していませんし、弔問にも訪れていないのです」

    忠夫さんの自宅と弘之さんの自宅は東京都の同じ区内にあり、自動車なら10分もかからない距離。かつては両家で頻繁に行き来もあったという。ちさ子自身は、
    かつて週刊誌のインタビューで次のように語っている。

    《家が近所だということで、小さいころは、しょっちゅう遊びに行ってました。政宏君や政伸君ともよく遊んだなぁ》(『アサヒ芸能』'98年1月15日号)

    ちさ子が『チョコレート・ファッション』というユニットでCDデビューしたのは'95年。当初は“高島忠夫の姪”“政宏・政伸兄弟のいとこ”などと紹介されることも多かった。

    「しかし、ある時期から、ちさ子も、政宏・政伸も、お互いのことを公の場でいっさい話さないようになったのです」(前出・芸能関係者)

    はたして確執の原因は何だったのか? ちさ子の父・高嶋弘之さんを本誌は直撃取材した。

    「確かに昔は家も近かったですし、頻繁に行き来をしていました。兄貴と花代さんは夫婦で『ごちそうさま』の司会を務めていたでしょ。番組の収録が
    地方であったりすると、政宏と政伸の兄弟をうちで預かったりしていました」

    子供たちが仲よく遊んでいた当時を思い出したのか、微笑を浮かべる弘之さん。しかし記者の質問に表情が引き締まった。

    ――それほど仲が良かった両家に距離が生じたのには、何かきっかけがあったのでしょうか?

    「……きっかけといえば、母の介護問題かな。兵庫県で暮らしていた母が、うつ病になったので、'98年に東京の医療施設に入れたんです。でもこのとき
    母の介護方針を巡って兄とひどい口論になってしまって……。兄貴は昔から穏やかだったから、兄弟げんかなんかもしたことがなかったのにね」

    '98年といえば、忠夫さん自身が不眠とアルコール依存により、重度のうつ病を発症した時期でもある。

    「振り返ってみて、彼も病気のせいで感情のコントロールができなかっただけなんだと理解できました。でも兄の病気のことを知ると、今度は“治療の邪魔になっても
    いけないなぁ”なんて考えて、連絡もとれないし、訪ねていくこともできないし。お互いの家族も行き来しなくなって、そうこうしているうちに、気がついてみたら
    20年以上もたってしまったんですね」

    2年前の'17年には、弘之さんの妻が逝去した。

    「うちも、ちさ子夫妻や家族だけで葬儀を営んで、向こう(高島忠夫一家)には連絡しませんでした。今回は逆にこちらが葬儀にも参列しなかったし、
    弔問とかにも行かなかったということです。“疎遠”とか“絶縁”というと、世間から変な一族だと思われるでしょうけど、いまとなるとこれが“高嶋家のスタイル”という
    感じもしますね」

    21年もの空白があるにもかかわらず、弘之さんの兄に対する思いは薄れたわけではないようだ。

    「家族のおかげで兄貴は、いい人生を全うできたと思います。特に花代さんは、ずっと兄を看病してくれて、頑張ってくれていたそうですから、いまは
    落ち込んでいるでしょうね」

    実は忠夫さんの逝去をきっかけに、両家の歩み寄りのきざしも見えているという。

    「政宏から、うちのちさ子に連絡があったそうなんです。『父のことが落ち着いたら、叔父さんのところへもご挨拶に行きますから』なんて、言ってくれていたと
    聞いています」

    両家の和解を誰よりも望んでいるのは、天国の忠夫さんに違いない。

    女性自身
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190709-00010001-jisin-ent


    【【衝撃】高嶋ちさ子、伯父の高嶋忠夫さん死去に無言の理由とは?!】の続きを読む



    (出典 i.daily.jp)


    音楽家だったんだ…。

    1 風吹けば名無し :2019/05/20(月) 21:12:27.05 ID:3lLxJk5Y0.net

    元巨人投手・桑田真澄さん(51)の次男で音楽家のMatt(マット、24)が20日、
    自身のインスタグラムを更新し“どすっぴん”の素顔を公開した。

    普段はカラーコンタクトを使用し、メークした姿の投稿が多いMattだが、ハッシュタグで
    「#お風呂あがりにパシャり #どすっぴん #肌の調子最高 #マツエクはついてるよ #裸眼 
    #おでこと耳にはホクロ #生え際は剃ってるのでちょい青い」とつづり、ほぼすっぴんという写真を投稿した。

    フォロワーからは「素肌美人さんだよね」「綺麗すぎます」「すっぴんステキ」「陶器のようなお肌」などの声や、
    19日にゲスト出演したTBSラジオ「爆笑問題の日曜サンデー」(日曜・後1時)の感想などが寄せられている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190520-00000140-sph-ent

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【衝撃】Mattさん、風呂上がり“どすっぴん”公開!!「〇〇のようなお肌」など反響!!】の続きを読む



    (出典 marusinn-shiritai.com)


    マネキン?

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/05/19(日) 16:33:40.17 ID:hB0w81Nw9.net

    元巨人投手・桑田真澄さん(51)の次男で音楽家のMatt(マット、24)が19日、TBSラジオ「爆笑問題の日曜サンデー」(日曜・後1時)の「ここは赤坂応接間」コーナーに生出演した。

    同局の江藤愛アナウンサー(33)はMattの手を見て「爪きれい!ジェルネイルだ。指がきれい。めちゃくちゃ手がきれい!」と興奮気味だった。

    そして話題は父の話へ。桑田さんが最近、日焼けなどでできるシミやほくろが気になっていると説明。
    そこでMattは「ちょっと塗ればいいのにな。このパウダーいいよ」と勧めたものの、父からは「パパそういうのやらないから」と断られた親子の会話を明かしていた。

    http://news.livedoor.com/article/detail/16483167/
    2019年5月19日 16時14分 スポーツ報知


    (出典 image.news.livedoor.com)



    (出典 Youtube)

    ジャイアンツ 桑田選手 応援歌


    【【悲報】Matt、父桑田真澄さんにパウダー勧めるも断られる…。「パパそういうのやらないから」】の続きを読む


    高嶋 ちさ子(たかしま ちさこ、1968年8月24日 - )は、日本のヴァイオリニスト。血液型A型。身長158cm。 東京都出身。父の高嶋弘之は東芝EMIの元ディレクターで、ビートルズを日本に紹介した人物である。その兄が俳優の高島忠夫(伯父)であり、高嶋政宏・政伸兄弟は従兄にあたるが、親戚としての交流はほぼ途絶えている。
    14キロバイト (1,611 語) - 2019年4月20日 (土) 07:04



    (出典 img.jisin.jp)


    子供たち、食わせてかなきゃならないんだから別にいいでしょ。
    高嶋さんこそ何を言ってるの?!!
    お金に苦労した事がないお嬢様だからそんな事言ってられるんじゃないのかね。
    最近、TVめっちゃ出てるけど、自分こそ何がしたいんだ?
    バイオリンだけ弾いてろ。


    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/05/14(火) 11:48:05.95 ID:DjD0MkHa9.net


    (出典 image.dailynewsonline.jp)


    元『SHAZNA』のIZAMが5月12日、バラエティー番組『人生イロイロ超会議スペシャル』(TBS系)で妻・吉岡美穂から「ダメ出し」を食らった。
    番組では高嶋ちさ子と議論したものの「うちの子だったらぶん殴ってる」と説教を受ける展開。
    視聴者からもIZAMに対する批判が殺到した。

    番組では、過去と同様に高嶋とIZAMが議論する展開に。
    IZAMは同番組の2018年3月放送回で、店にしつこくクレームを付ける様子が流れ、SNSで大きな議論となった。
    この日も「芸能界ナンバーワンクレーマー」と番組から「あだ名」が付けられる展開となった。

    妻・吉岡が「いろんな仕事に手を出していて、ぶれている」と指摘。
    サラリーマンとして働くかたわら、バーの経営や芸能関係の講師、司会業など幅広い業種に手を出していることを明かした。

    ?

    高嶋ちさ子も痛烈ダメ出し「うちの子だったらぶん殴ってる」
    妻の不満をIZAMにぶつけると、「奥さんが理不尽なことを言っていたとしても、奥さんの言うことが正論になってしまう」と逆に吉岡に対する不満をぶちまけた。

    スタジオでは、VTRでのIZAMの発言をもとに議論。IZAMは「現在は役者がメインだが、
    それって波がある」と芸能界で生きていくのは不安定だとし、安定を得るために多くの仕事に手を出しているとした。
    これに高嶋は「水ものだと分かってこの世界に飛び込んだわけじゃないですか」と指摘し、
    「それなのに今さら安定がうらやましいって、言ってることが…」と嘆き、「うちの子だったらぶん殴ってる」と一喝。

    「やりたいことを探すより、今やれることをやる(べき)」とアドバイスされたIZAM。
    「男は女を守るべき」などの発言し、高嶋に反論し続けたが、一連の発言を視聴者は受け入れてはくれなかったようだ。ツイッターには

    《基本、女を*にしてるんだな。お前が*のくせに》
    《IZAMってなんなの? お茶の間で家族で観てても笑えない》
    《イザム、ちぃーせーなー》
    《IZAMさん、こだわりというわがままな子供のまま大人になってる》
    《IZAMってやっぱ器が小さい》

    などと批判が噴出。IZAMの方向性のぶれや、番組で反論し続けたことに視聴者は首をかしげていた。

    このままでは芸能界から消えてしまいかねない勢いだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1823892/
    2019.05.14 11:00 まいじつ


    【【衝撃!!】高嶋ちさ子が怒り心頭?!!I副業だらけのIZAMに「自分の子供だったら…」】の続きを読む


    ピエール瀧ピエール たき、Pierre Taki、本名: 正則〈たき まさのり〉、1967年4月8日 - )は、日本のミュージシャン、マルチタレント、俳優、声優。テクノバンド「電気グルーヴ」のメンバー。身長179cm。血液型AB型。 2019年の1年間限定で、電気グルーヴの活動においての芸名をウ
    56キロバイト (6,875 語) - 2019年5月8日 (水) 09:58



    (出典 img.tokyo-sports.co.jp)


    薬はいけませんね。

    1 ニライカナイφ ★ :2019/05/11(土) 15:59:30.12 ID:RrKhnSDD9.net

    ◆ ピエール瀧問題、なんでも“販売自粛”は再考すべき…被害者のいない犯罪、推定無罪の法則

    2019年3月に覚醒剤取締法違反で逮捕されたピエール瀧被告の関わった作品の放映や出荷の自粛をめぐり、この2カ月間、日本中で論争が繰り広げられた。
    周知の通り、所属レコード会社のソニー・ミュージックレーベルズは、3月12日の逮捕直後の3月13日、瀧被告(当時は容疑者)の所属するテクノユニット・電気グルーヴのCDや楽曲の配信・出荷の停止および回収を決定。

    一方で東映は、瀧被告の出演する映画『麻雀放浪記2020』のノーカット上映を決めた。
    東映の多田憲之社長は記者会見で、「映画はテレビ番組やCMと違ってクローズドメディアである」と述べ、観るか観ないかの選択が観賞者に委ねられていることを上映の理由に挙げた。
    同作はその後、4月5日に公開を迎えている。

    自粛すべきか否か。
    自主回収は、「コンプライアンス上の理由」という建前のもとに行われた、上場企業であるがゆえの“ことなかれ主義”、という受け止め方もできるかもしれない。
    その一方で、「作品には罪がない」という自粛反対派の抗弁も、それはそれで少々情緒的にすぎるようにも思われる。

    そもそも、この種の問題については、公式の(あるいは共通の)ガイドライン等が業界団体等によって設けられているわけではない。
    各社の判断が一貫性を欠き、ケースバイケースの対応となってしまうのは、やむを得ない側面もあるだろう。
     
    そんななか、「日本エンターテイナーライツ協会」なる団体がさる3月18日、「芸能人の不祥事等によるドラマ・映画等の放送、CD等発売の自粛について」という声明を出し、話題となった。
    声明文は「私たちは、テレビ、映画、音楽等のエンターテインメントに関わる各関係者に対して、ドラマ・映画の放送・上映自粛、及びCDの発売自粛について、冷静かつ慎重な対応をすることを求めます」と、安易な“自粛”に対して警鐘を鳴らし、注目を集めている。
    弁護士たちが芸能人の権利を守る目的で創立したこの「日本エンターテイナーライツ協会」の共同代表理事である河西邦剛弁護士に、今回の声明の真意を聞いた。

    ■薬物使用に“被害者”はいるのか

    ――日本エンターテイナーライツ協会は、芸能人が不祥事等を起こしても、有罪判決を受けるまでは無罪として扱うという「推定無罪の原則」を論拠として、「過度な自粛について、冷静かつ慎重な対応をすることを求めます」という声明を出しました。その真意はどこにあるのでしょうか?

    河西邦剛弁護士(以下、河西弁護士) 日本では、出演者が逮捕されると、その出演作品の放送を即時に“自粛”する傾向があります。

    しかし、著作権やその他の権利関係などの視点から眺めた場合、法的には、制作委員会やテレビ局が放映・放送することは可能です。
    つまり、「放映・放送する、しない」というのは、あくまで関係各社それぞれの自主的な判断で下されているに過ぎないわけです。

    にもかかわらず昨今の日本では、“逮捕=自粛”という対応が半ば常識化してしまっています。
    われわれ日本エンターテイナーライツ協会としては、法と芸能人の権利を尊重する立場から、そのように一律に判断するのではなく、個別・具体的に判断してよいのではないかと考え、あの声明を出したわけです。

    では、どのような観点から「個別・具体的に判断」すればよいのか。
    まず挙げられるのが、「被害者のいる犯罪かどうか」という視点です。
    出演者が被害者のいる罪を*たときには、自粛を判断する際に当然、被害者の感情を考慮しなければならない。
    被害者が、事件後も変わらずテレビ番組や映画などに出ている加害者を目にすれば、「なんら社会的な制裁を受けていないではないか」と持つ不満を抱くことは当然あり得るでしょう。

    被害者のいる犯罪として、特に非難の対象となりやすい犯罪といえば、性犯罪や交通事故などが代表的でしょう。
    ところが、ピエール瀧容疑者の場合はどうか? 
    覚醒剤取締法違反という犯罪においても、もちろん間接的には多くの人に迷惑をかけているわけで、広義の被害者は存在するでしょう。

    しかし、その犯罪そのものにおける直接的な被害者というのは、先に挙げた性犯罪や交通事故などとの比較でいえば、ないと考えてよいのではないか。
    もちろん、直接的な被害者が発生していないから軽微な犯罪だ、というわけではない。

    ※続きは下記のソースでご覧ください

    zakzak 2019.05.10
    https://biz-journal.jp/2019/05/post_27863.html


    【【芸能】<ピエール瀧問題> ドラマ・映画、CD発売の自粛”は再考すべき?!!】の続きを読む

    このページのトップヘ