芸能早まとめ

芸能早まとめは、芸能、俳優、女優、アイドル、モデル、韓国の俳優、
韓国の歌手、声優、アーティスト、の最新情報をまとめたブログです。
おもしろいと思ったら、ぜひフォローしてお願いします!!

    カテゴリ:お笑い芸人 > 山里亮太


    南海キャンディーズ(なんかいキャンディーズ)は、吉本興業東京本社(東京吉本、厳密には子会社のよしもとクリエイティブ・エージェンシー)に所属する漫才コンビ。略称は南キャン南海。 山里 亮太(やまさと りょうた、男性、 (1977-04-14) 1977年4月14日(42歳) - ) ツッコミ担当。立ち位置は向かって左。通称山ちゃん。
    25キロバイト (3,311 語) - 2019年6月9日 (日) 12:48



    (出典 image.itmedia.co.jp)


    金持ちやー。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/06/16(日) 11:02:16.24 ID:pvM25oGw9.net

    女優・蒼井優がお笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太と電撃結婚を果たした。

    2人は、06年公開の映画「フラガール」(シネカノン)で蒼井と共演して親交を深めた山里の相方・しずちゃんこと山崎静代が縁を取り持つ形で知り合い、
    今年の4月上旬から結婚を前提として交際をスタート。わずか2カ月ほどで入籍するスピード婚となった。
    6月5日に都内で行われた結婚会見には2人揃って姿を見せ、終始、幸せオーラを振りまいていたが、別の芸能事務所のマネージャーは語る。

    「正直言って蒼井さんよりも山里さんが結婚にゴーサインを出したことのほうが驚きました。これまで散々、非モテキャラを前面に押し出していましたし、
    彼のプロ意識の高さは業界内でも広く知られていましたからね。女優の蒼井さんと結婚したことで、これまでのキャラを押し通すのはさすがに難しいでしょう」

    そのうえで、マネージャーはこう続ける。

    「もっとも蒼井さんのほうはみごとに玉の輿に乗った形でしょう。山里さんは一説に貯金が4億円以上あるという話です。
    これまで数多くのドラマや映画で活躍し、演技派としても知られる蒼井さんですが、33歳という年齢的にも女優として今後の伸びしろがあるかというと微妙です。
    最近は土屋太鳳さんや広瀬すずさんなど若手女優も伸びてきています*」

    今回の2人の結婚は世間の印象とは裏腹に、業界内では蒼井の大金星という印象が強いようである。

    http://dailynewsonline.jp/article/1877774/
    2019.06.16 09:59 アサ芸プラス


    【【衝撃】山里亮太の貯金は◯億円らしい!!】の続きを読む


    蒼井 (あおい ゆう、1985年8月17日 - )は、日本の女優、モデル。イトーカンパニー所属。夫は山里亮太。福岡県出身。 1999年、1万人の中からミュージカル『アニー』のポリー役に選ばれデビュー。その後、自ら現事務所に応募し、以来所属している。2000年から2002年まで新潮社の雑誌『ニコラ』のレギュラーモデルを務める。
    59キロバイト (7,326 語) - 2019年6月11日 (火) 09:26



    (出典 www.sponichi.co.jp)


    山ちゃんが嫌にならないかね。
    最初は、女優さんと結婚できただけでうれしいだけ。

    1 ひかり ★ :2019/06/11(火) 00:07:57.68 ID:JJUkih5X9.net

    「4月の中旬だったでしょうか、亮太から『結婚する』とLINEが来たんです。当然、『誰と?』って聞きますよね。そうしたら『業界の人。名前はまだ教えられない』と言うんですよ。でもしばらくたってから
    『実は……蒼井優さんなんだ』と報告が。もうびっくりしました。発表前には、お父さんと優ちゃんの映画を見に行きました。『お父さん、あれが亮太の嫁だよ。山里家に来るんだよ、信じられる? 私たちの時代だったら、
    吉永小百合さんがうちに来るみたいなもんだよ』って。内容なんて全然、頭に入ってきませんでした(笑)」

    そう語るのは、南海キャンディーズ・山里亮太(42)の実母だ。日本中が驚いた蒼井優(33)と山里の電撃結婚。交際期間2カ月で、6月3日に入籍届を提出したという2人。両親にも直前まで名前を明かさないほどの
    “超極秘交際”だった。実際、山里の母が蒼井と初めて会ったのは入籍のわずか4日前だったという。

    「亮太に言われて、5月30日に自宅へ行きました。優ちゃんは大女優さんとは思えないくらい、気配りができて素晴らしい女性でした。私がお茶を入れようとしたときには、『お母さんは座っていてください』と言ってくれてね。
    話の途中で亮太が困ったときも、『こうじゃない?』と的確にアドバイスするんです。私が亮太に『優ちゃんがいらないと言っても、婚約指輪は買ってあげなさい!』と言ったときも、『いえ、私はいいんです。
    物よりも2人で楽しい思い出をためていきたいので』と。本当にカッコつけないし、偉ぶらない子です」

    そんな山里の母だが、当初は心配していたという。だが、その思いは杞憂だったようだ。

    「だってうちのクズみないな子のところに、あんな大女優さんが来たんですから。亮太が強引に迫って、しぶしぶOKしてくれたのかなと思っていました。でも亮太の家で初めてお会いしたとき、優ちゃんが
    『初めまして、蒼井優と申します』とあいさつしてくれてね。私はポーッと見とれちゃって、『夢じゃないかしら。夢なら覚めないでほしい』と言ったんです。そうしたら、優ちゃんが『こちらこそです』と言って
    笑ってくれました。あの会見を見ても、本当に相思相愛なんだということが伝わってきました」

    現在はまだ同居しておらず、これから新居探しをするという蒼井と山里。両家の顔合わせはこれからだという。そして母は、2人の今後について最後にこう語る。

    「優ちゃんには、亮太の扱い方をお伝えしました。あの子は気難しいところもあるんでね。『亮太はぷ~っと不貞腐れるときがあるの。でも2時間くらい放っておけばいいから』と教えたんです。優ちゃんは微笑みながら
    『はい、お母さん。わかりました』と言っていました(笑)。そして、亮太にはこう言いました。『あんた、すべて勝ち取ったね。何十倍も努力して、最後にこんな素晴らしいご褒美が来た。お母さんはお前のこと、誇りに思う』と。
    あとは『優ちゃんに捨てられないよう、一生懸命働きなさい。そして優ちゃんのことを一生懸命大事にしなさい』と。これからも2人で力を合わせて、頑張っていってほしいと思います」

    女性自身
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190611-00010001-jisin-ent


    【【朗報】山ちゃんのお母さん語る入籍4日前の対面、「優ちゃんは〇〇な子」】の続きを読む


    山里 亮太(やまさと りょうた、1977年4月14日 - )は、日本のお笑いタレント、声優、ナレーター、ラジオパーソナリティ。お笑いコンビ南海キャンディーズのツッコミ担当。愛称および別名義は「山ちゃん(やまちゃん)」、過去の別名義は「山里(やまさと)」(「来歴」節も参照)。相方は、“しずちゃん”こ
    38キロバイト (5,376 語) - 2019年6月10日 (月) 23:37



    (出典 go6mi.net)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/06/09(日) 11:58:29.22 ID:VOMwzgXE9.net

    女優蒼井優(33)と結婚した南海キャンディーズの山里亮太(42)が、親友であるオードリー若林正恭(40)の“祝福”に悲鳴をあげた。

    若林は8日深夜放送のラジオ番組「オードリーのオールナイトニッポン」で、山里と蒼井の結婚に言及し、
    「今日はうれしい。もう営業妨害にならないから、めちゃめちゃモテてたこととかも言っていいんだもんね」と暴露モードに。
    「山ちゃん、今ツイッターやってんの? これ聞いてる?」と呼びかけ、山里がモテようとして髪形やメガネなどを少しずつ変化させてきた経緯を詳細に語った。

    山里はそのタイミングで「もうやめてくれ…」とツイート。若林にもツイートが知らされたが、話を止めず。数年前からモテ始め、
    「山ちゃんを好きな子がいるから、山ちゃんと飲みたいんだけど、そういう場、つくれない?」といった打診をディレクターなどからひんぱんに受けていたという。
    「しかもモデルの人とかが言ってるとか…」と明かしたが、それでも山里は“非モテ”キャラを貫くためか、そうした誘いを受けずにいたことも付け加え、「山ちゃんって野球選手だったら大リーグに行くような実力と才能」などと評した。

    この放送中、山里は「タップしてるんですが…」「もう許してくれ!!!」「やめてください!!!」とツイートを連投し、懇願。
    「恐ろしい男です…40分ほど殴られ続けた感じ…」とつづった。

    http://news.livedoor.com/article/detail/16590810/
    2019年6月9日 9時25分 日刊スポーツ


    【【衝撃】山里亮太、親友若林に「もう辞めて」の理由とは?!】の続きを読む

    このページのトップヘ