芸能早まとめ

芸能早まとめは、芸能、俳優、女優、アイドル、モデル、韓国の俳優、
韓国の歌手、声優、アーティスト、の最新情報をまとめたブログです。
おもしろいと思ったら、ぜひフォローしてお願いします!!

    カテゴリ:女優 > 広瀬すず


    広瀬 すず(ひろせ すず、1998年6月19日 - )は、日本の女優、ファッションモデル。 静岡県静岡市清水区出身。フォスタープラス所属。 実姉は女優の広瀬アリス。 姉・アリスが専属モデルをつとめていた雑誌『Seventeen』(集英社)のイベントに母と来場した際、現事務所の社長から声をかけられたことが芸能界に入ったきっかけ。
    85キロバイト (10,824 語) - 2019年10月14日 (月) 07:12



    (出典 news.mynavi.jp)


    若者は、誰も朝ドラなんか見ないよー!!

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/10/21(月) 05:25:38 ID:P0oI6Ahr9.net

    10月17日、今年の大みそかに放送予定の『第70回NHK紅白歌合戦』の司会陣が発表された。
    紅組司会に女優の綾瀬はるか、白組司会に『嵐』櫻井翔、総合司会は3年連続で内村光良となった。
    綾瀬は4年ぶり三度目、櫻井は単独では2年連続二度目となる。

    事前予想では、紅組はNHK朝ドラ『なつぞら』が高視聴率だった広瀬すずが有力視されていた。

    「広瀬の司会は、ほぼ決定といわれていましたが、土壇場で綾瀬に変更になったようです。
    広瀬に関しては、昨年の紅白でも新鮮な司会ぶりが評価されていましたが、ここに来て、ネット上に流布する?悪評?をNHK上層部が嫌ったといわれています。
    朝ドラも視聴率こそ高かったのですが、支持していたのは中高年以上で、若年は早々と見るのをやめていましたからね。
    バラエティー番組での数々の失言や、?あざとい?といわれる性格から、『20代女性の嫌いな若手女性タレント』でトップを飾るなど、今では嫌われキャラの代表格となっています。
    さすがに2年連続で紅白の司会はないということでしょう」(芸能記者)

    広瀬アンチは喜んでいるが…
    ネット上では、

    《広瀬だけはやめてほしいと思っていたら綾瀬に変わったのか。よかったよかった》
    《広瀬はおとなしく家で紅白見ててね》
    《やっと、なつぞらが終わってほっとしてたのに、大みそかまで広瀬の顔なんて見たくないわ》
    《すずの声はマジでイライラするからね。去年も歌に興味なさそうで、めちゃ感じ悪かったわ》
    《櫻坂46と乃木坂46を間違えてたしな。ありえんよ》

    など、広瀬降板を喜ぶ声が殺到している。

    「広瀬のアンチからすれば、ほっと一安心というところでしょうが、綾瀬も手放しで喜ぶほど適任とは言えませんね。
    2013年のときの司会では、曲紹介もろくにできない?天然ぶり?に、視聴者がどれだけヒヤヒヤさせられたか。初出場を?はちゅしゅちゅじょう?と発音し、
    視聴者から『きゃりーぱみゅぱみゅが登場するとき、大丈夫?』などと揶揄されましたね」(同・記者)

    綾瀬にしろ広瀬にしろ、司会を務めるのなら、きちんと大役を果たせるだけのスキルを身に付けてからにしてもらいたいというのが、大方の視聴者の思いだろう。

    NHKが人気タレントを起用したい気持ちは分からなくもないが、本来であれば局アナが務めるのが一番いいはずだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/2046524/
    2019.10.20 10:33 まいじつ


    【【悲報】広瀬すず『紅白歌合戦』紅組司会に落ちたワケとは?!】の続きを読む


    広瀬 すず(ひろせ すず、1998年6月19日 - )は、日本の女優、ファッションモデル。 静岡県静岡市清水区出身。フォスタープラス所属。 実姉は女優の広瀬アリス。 姉・アリスが専属モデルをつとめていた雑誌『Seventeen』(集英社)のイベントに母と来場した際、現事務所の社長から声をかけられたことが芸能界に入ったきっかけ。
    85キロバイト (10,824 語) - 2019年10月14日 (月) 07:12



    (出典 news.mynavi.jp)


    若者は、誰も朝ドラなんか見ないよー!!

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/10/21(月) 05:25:38 ID:P0oI6Ahr9.net

    10月17日、今年の大みそかに放送予定の『第70回NHK紅白歌合戦』の司会陣が発表された。
    紅組司会に女優の綾瀬はるか、白組司会に『嵐』櫻井翔、総合司会は3年連続で内村光良となった。
    綾瀬は4年ぶり三度目、櫻井は単独では2年連続二度目となる。

    事前予想では、紅組はNHK朝ドラ『なつぞら』が高視聴率だった広瀬すずが有力視されていた。

    「広瀬の司会は、ほぼ決定といわれていましたが、土壇場で綾瀬に変更になったようです。
    広瀬に関しては、昨年の紅白でも新鮮な司会ぶりが評価されていましたが、ここに来て、ネット上に流布する?悪評?をNHK上層部が嫌ったといわれています。
    朝ドラも視聴率こそ高かったのですが、支持していたのは中高年以上で、若年は早々と見るのをやめていましたからね。
    バラエティー番組での数々の失言や、?あざとい?といわれる性格から、『20代女性の嫌いな若手女性タレント』でトップを飾るなど、今では嫌われキャラの代表格となっています。
    さすがに2年連続で紅白の司会はないということでしょう」(芸能記者)

    広瀬アンチは喜んでいるが…
    ネット上では、

    《広瀬だけはやめてほしいと思っていたら綾瀬に変わったのか。よかったよかった》
    《広瀬はおとなしく家で紅白見ててね》
    《やっと、なつぞらが終わってほっとしてたのに、大みそかまで広瀬の顔なんて見たくないわ》
    《すずの声はマジでイライラするからね。去年も歌に興味なさそうで、めちゃ感じ悪かったわ》
    《櫻坂46と乃木坂46を間違えてたしな。ありえんよ》

    など、広瀬降板を喜ぶ声が殺到している。

    「広瀬のアンチからすれば、ほっと一安心というところでしょうが、綾瀬も手放しで喜ぶほど適任とは言えませんね。
    2013年のときの司会では、曲紹介もろくにできない?天然ぶり?に、視聴者がどれだけヒヤヒヤさせられたか。初出場を?はちゅしゅちゅじょう?と発音し、
    視聴者から『きゃりーぱみゅぱみゅが登場するとき、大丈夫?』などと揶揄されましたね」(同・記者)

    綾瀬にしろ広瀬にしろ、司会を務めるのなら、きちんと大役を果たせるだけのスキルを身に付けてからにしてもらいたいというのが、大方の視聴者の思いだろう。

    NHKが人気タレントを起用したい気持ちは分からなくもないが、本来であれば局アナが務めるのが一番いいはずだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/2046524/
    2019.10.20 10:33 まいじつ


    【【悲報】広瀬すず『紅白歌合戦』紅組司会に落ちたワケとは?!】の続きを読む


    広瀬 すず(ひろせ すず、1998年6月19日 - )は、日本の女優、ファッションモデル。 静岡県静岡市清水区出身。フォスタープラス所属。 実姉は女優の広瀬アリス。 姉・アリスが専属モデルをつとめていた雑誌『Seventeen』(集英社)のイベントに母と来場した際、現事務所の社長から声をかけられたことが芸能界に入ったきっかけ。
    85キロバイト (10,824 語) - 2019年10月14日 (月) 07:12



    (出典 news.mynavi.jp)


    若者は、誰も朝ドラなんか見ないよー!!

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/10/21(月) 05:25:38 ID:P0oI6Ahr9.net

    10月17日、今年の大みそかに放送予定の『第70回NHK紅白歌合戦』の司会陣が発表された。
    紅組司会に女優の綾瀬はるか、白組司会に『嵐』櫻井翔、総合司会は3年連続で内村光良となった。
    綾瀬は4年ぶり三度目、櫻井は単独では2年連続二度目となる。

    事前予想では、紅組はNHK朝ドラ『なつぞら』が高視聴率だった広瀬すずが有力視されていた。

    「広瀬の司会は、ほぼ決定といわれていましたが、土壇場で綾瀬に変更になったようです。
    広瀬に関しては、昨年の紅白でも新鮮な司会ぶりが評価されていましたが、ここに来て、ネット上に流布する?悪評?をNHK上層部が嫌ったといわれています。
    朝ドラも視聴率こそ高かったのですが、支持していたのは中高年以上で、若年は早々と見るのをやめていましたからね。
    バラエティー番組での数々の失言や、?あざとい?といわれる性格から、『20代女性の嫌いな若手女性タレント』でトップを飾るなど、今では嫌われキャラの代表格となっています。
    さすがに2年連続で紅白の司会はないということでしょう」(芸能記者)

    広瀬アンチは喜んでいるが…
    ネット上では、

    《広瀬だけはやめてほしいと思っていたら綾瀬に変わったのか。よかったよかった》
    《広瀬はおとなしく家で紅白見ててね》
    《やっと、なつぞらが終わってほっとしてたのに、大みそかまで広瀬の顔なんて見たくないわ》
    《すずの声はマジでイライラするからね。去年も歌に興味なさそうで、めちゃ感じ悪かったわ》
    《櫻坂46と乃木坂46を間違えてたしな。ありえんよ》

    など、広瀬降板を喜ぶ声が殺到している。

    「広瀬のアンチからすれば、ほっと一安心というところでしょうが、綾瀬も手放しで喜ぶほど適任とは言えませんね。
    2013年のときの司会では、曲紹介もろくにできない?天然ぶり?に、視聴者がどれだけヒヤヒヤさせられたか。初出場を?はちゅしゅちゅじょう?と発音し、
    視聴者から『きゃりーぱみゅぱみゅが登場するとき、大丈夫?』などと揶揄されましたね」(同・記者)

    綾瀬にしろ広瀬にしろ、司会を務めるのなら、きちんと大役を果たせるだけのスキルを身に付けてからにしてもらいたいというのが、大方の視聴者の思いだろう。

    NHKが人気タレントを起用したい気持ちは分からなくもないが、本来であれば局アナが務めるのが一番いいはずだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/2046524/
    2019.10.20 10:33 まいじつ


    【【悲報】広瀬すず『紅白歌合戦』紅組司会に落ちたワケとは?!】の続きを読む


    広瀬 すず(ひろせ すず、1998年6月19日 - )は、日本の女優、ファッションモデル。 静岡県静岡市清水区出身。フォスタープラス所属。 実姉は女優の広瀬アリス。 姉・アリスが専属モデルをつとめていた雑誌『Seventeen』のイベントに母と来場した際、現事務所の社長から声をかけられたことが芸能界に入ったきっかけ。
    84キロバイト (10,746 語) - 2019年9月20日 (金) 07:32



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    みんな広瀬すず好きそうだけどなー。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/10/01(火) 15:10:23.24 ID:egGBoTpI9.net

    『なつぞら』、朝ドラ100作目にして不評を集めて終わったワケ 原因は広瀬すずのルックス?
    NHK連続テレビ小説『なつぞら』が28日に最終回を迎えた。朝ドラ100作目となった本作。全話平均視聴率は21.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが各社で報じられている。

    両親を戦争で亡くし、十勝の開拓者一家に引き取られたヒロイン・なつ(広瀬すず)が、やがてアニメーターを目指して上京し、草創期の日本アニメ界で活躍するという物語が描かれた本作。しかし、SNS上ではアンチタグが作成され、毎話バッシングが殺到するなど、「黒歴史朝ドラ」ともなってしまった。

    「最終回終了後、視聴者からは『結局、お金と人手を注ぎ込んだ壮大な広瀬すずプロモーションビデオだった』といった揶揄が聞かれました。なつは戦災孤児という生い立ちながら、人に恵まれて育ち、アニメーターになった際も不自然なほど周りがお膳立てしており、歴代ヒロインの中でも苦労知らずで、脚本に対する不信感も多く寄せられましたが、もっとも指摘が集まったのは、なつの外見が全く変わらなかったこと。最終回では、30歳半ば過ぎとなりましたが、見た目も服装も18歳頃からほとんど変わらず。『いつもビジュアル万全で多忙やら寝不足やら徹夜続き感が皆無』『本当に忙しいアニメーターだったのか?疲れたり年取ったりまったくしなかったから、何見せられてるか分からなくなった』という困惑の声が聞かれました」(ドラマライター)

    一方、歴代ヒロインと比較する声も上がっているという

    「『黒歴史朝ドラ』と呼ばれた作品は、『半分、青い。』『純と愛』などありますが、ヒロインの永野芽郁や夏菜には、実はさほど批判が集まらず。『これが代表作になるなんて可哀想』といった同情が寄せられています。しかし、反対にヒロインへの批判が寄せられたのは、『まれ』の土屋太鳳、『わろてんか』の葵わかな。単純にストーリーに粗さがあるだけではなく、『なつぞら』のように、老けない、苦労が感じられない、ビジュアルがメインになっているという指摘があり、『役作りができていない』という苦言も多く寄せられました。土屋、葵は朝ドラで下がったイメージがいまだ払しょくできず、好感度の低い女優のまま。広瀬も二の舞になるのでは? といった懸念も囁かれています」(同)

    歴代ヒロインも多く出演し、NHKが力を入れて制作したはずの『なつぞら』。
    悪い意味で視聴者の記憶に残る作品となってしまったようだ。

    2019/9/30 16:30 リアルライブhttps://netallica.yahoo.co.jp/news/20190930-75146579-naigai


    【【悲報】『なつぞら』、朝ドラ100作目にして不評を集めて終わったワケ!!原因は広瀬すずのルッ〇ス?】の続きを読む


    広瀬 すず(ひろせ すず、1998年6月19日 - )は、日本の女優、ファッションモデル。 静岡県静岡市清水区出身。フォスタープラス所属。 実姉は女優の広瀬アリス。 姉・アリスが専属モデルをつとめていた雑誌『Seventeen』のイベントに母と来場した際、現事務所の社長から声をかけられたことが芸能界に入ったきっかけ。
    84キロバイト (10,746 語) - 2019年9月20日 (金) 07:32



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    みんな広瀬すず好きそうだけどなー。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/10/01(火) 15:10:23.24 ID:egGBoTpI9.net

    『なつぞら』、朝ドラ100作目にして不評を集めて終わったワケ 原因は広瀬すずのルックス?
    NHK連続テレビ小説『なつぞら』が28日に最終回を迎えた。朝ドラ100作目となった本作。全話平均視聴率は21.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが各社で報じられている。

    両親を戦争で亡くし、十勝の開拓者一家に引き取られたヒロイン・なつ(広瀬すず)が、やがてアニメーターを目指して上京し、草創期の日本アニメ界で活躍するという物語が描かれた本作。しかし、SNS上ではアンチタグが作成され、毎話バッシングが殺到するなど、「黒歴史朝ドラ」ともなってしまった。

    「最終回終了後、視聴者からは『結局、お金と人手を注ぎ込んだ壮大な広瀬すずプロモーションビデオだった』といった揶揄が聞かれました。なつは戦災孤児という生い立ちながら、人に恵まれて育ち、アニメーターになった際も不自然なほど周りがお膳立てしており、歴代ヒロインの中でも苦労知らずで、脚本に対する不信感も多く寄せられましたが、もっとも指摘が集まったのは、なつの外見が全く変わらなかったこと。最終回では、30歳半ば過ぎとなりましたが、見た目も服装も18歳頃からほとんど変わらず。『いつもビジュアル万全で多忙やら寝不足やら徹夜続き感が皆無』『本当に忙しいアニメーターだったのか?疲れたり年取ったりまったくしなかったから、何見せられてるか分からなくなった』という困惑の声が聞かれました」(ドラマライター)

    一方、歴代ヒロインと比較する声も上がっているという

    「『黒歴史朝ドラ』と呼ばれた作品は、『半分、青い。』『純と愛』などありますが、ヒロインの永野芽郁や夏菜には、実はさほど批判が集まらず。『これが代表作になるなんて可哀想』といった同情が寄せられています。しかし、反対にヒロインへの批判が寄せられたのは、『まれ』の土屋太鳳、『わろてんか』の葵わかな。単純にストーリーに粗さがあるだけではなく、『なつぞら』のように、老けない、苦労が感じられない、ビジュアルがメインになっているという指摘があり、『役作りができていない』という苦言も多く寄せられました。土屋、葵は朝ドラで下がったイメージがいまだ払しょくできず、好感度の低い女優のまま。広瀬も二の舞になるのでは? といった懸念も囁かれています」(同)

    歴代ヒロインも多く出演し、NHKが力を入れて制作したはずの『なつぞら』。
    悪い意味で視聴者の記憶に残る作品となってしまったようだ。

    2019/9/30 16:30 リアルライブhttps://netallica.yahoo.co.jp/news/20190930-75146579-naigai


    【【悲報】『なつぞら』、朝ドラ100作目にして不評を集めて終わったワケ!!原因は広瀬すずのルッ〇ス?】の続きを読む

    このページのトップヘ