芸能早まとめ

芸能早まとめは、芸能、俳優、女優、アイドル、モデル、韓国の俳優、
韓国の歌手、声優、アーティスト、の最新情報をまとめたブログです。
おもしろいと思ったら、ぜひフォローしてお願いします!!

    カテゴリ:歌手 > 工藤静香


    工藤 静香(くどう しずか、1970年4月14日 - )は、日本の歌手、女優、タレント、宝飾デザイナー、画家。80年代アイドル。本名、木村 静香(きむら しずか、旧姓:工藤)。二科会絵画部会友。夫は俳優、歌手、タレントの木村拓哉、次女は作曲家、モデルのKōki,。 東京都出身。父親は青森市出身。 東京都立板橋高等学校
    54キロバイト (4,170 語) - 2019年8月2日 (金) 10:18



    (出典 taishu.jp)


    そのうち美人フルート奏者でデビューするんじゃね?

    1 ひかり ★ :2019/10/10(木) 08:35:26.77 ID:qsnYQAgE9.net

     舞台に立つ華奢な女性が自由自在にフルートを操る。体つきに似合わない力強い音色がドラマティックで抑揚のあるメロディーを奏でた。その澄んだ音は会場の隅々まで響き渡り、観客を魅了した。

    「彼女の音の深みは、ほかの学生とはレベルが違います。まさに圧巻の演奏でした」(観客の1人)

     演奏曲は、著名なドイツ人作曲家、アントン・ベルンハルト・フュルステナウの『24の練習曲』。巧みな演奏テクニックを必要とする、フルート奏者の間では有名な練習曲だ。それを、堂々と演奏していたのは、
    木村拓哉(46才)と工藤静香(49才)の長女(18才)。

     この日長女は、第73回全日本学生音楽コンクール東京大会予選に出場。フルート部門の高校の部を勝ち抜き、10月16日に開催される東京大会本選への出場を決めた。本選へ進めるのは、応募した66人中21人だけという難関だ。

    「このコンクールは、音楽を志す誰もがあこがれる登竜門でもあります。第1回は1947年に開催された歴史あるコンクールで、毎日新聞社が主催していることから毎コンとも呼ばれます。この権威ある大会で
    入賞することは、大きな名誉です」(音楽関係者)

     今年の地区本選は北海道・東京・名古屋・大阪・北九州で行われ、地区本選を勝ち抜いたごくわずかな人だけが、11月下旬に横浜で開かれる全国大会に出場できる。

    「本選での課題曲には、音楽大学の学生でも弾きこなすのに苦労するような、さらに難易度の高い曲が指定されています。本選出場が決まった人は、今頃猛レッスン中でしょう。

     フルートは優雅なイメージがあるかもしれませんが、体力をとても必要とします。全国レベルとなると、食事を含めた生活面で、家族のしっかりしたサポートを受けている子ばかりです」(前出・音楽関係者)

     長女は、この地区予選に先立って行われた別のコンクールでもその実力を認められていた。8月末に開催された『日本奏楽コンクール』では、管楽器部門高校の部で、見事1位に輝いたのだ。

    「このコンクールは歴史は浅いですが、参加者は全国から集まっていてレベルが高い。さらにピアノや声楽などの全部門、幼児から社会人まで全年齢から決めるグランプリは『該当者なし』でしたが、準グランプリに
    木村さんの長女が選ばれています。実質、高校日本一といえます」(前出・音楽関係者)

    ※女性セブン2019年10月24日号

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191010-00000004-pseven-ent


    【【衝撃】木村拓哉&工藤静香の長女が高校生で日本一の腕前らしいよwww】の続きを読む


    工藤 静香(くどう しずか、1970年4月14日 - )は、日本の歌手、女優、タレント、宝飾デザイナー、画家。80年代アイドル。本名、木村 静香(きむら しずか、旧姓:工藤)。二科会絵画部会友。夫は俳優、歌手、タレントの木村拓哉、次女は作曲家、モデルのKōki,。 東京都出身。父親は青森市出身。 東京都立板橋高等学校
    54キロバイト (4,170 語) - 2019年8月2日 (金) 10:18



    (出典 taishu.jp)


    そのうち美人フルート奏者でデビューするんじゃね?

    1 ひかり ★ :2019/10/10(木) 08:35:26.77 ID:qsnYQAgE9.net

     舞台に立つ華奢な女性が自由自在にフルートを操る。体つきに似合わない力強い音色がドラマティックで抑揚のあるメロディーを奏でた。その澄んだ音は会場の隅々まで響き渡り、観客を魅了した。

    「彼女の音の深みは、ほかの学生とはレベルが違います。まさに圧巻の演奏でした」(観客の1人)

     演奏曲は、著名なドイツ人作曲家、アントン・ベルンハルト・フュルステナウの『24の練習曲』。巧みな演奏テクニックを必要とする、フルート奏者の間では有名な練習曲だ。それを、堂々と演奏していたのは、
    木村拓哉(46才)と工藤静香(49才)の長女(18才)。

     この日長女は、第73回全日本学生音楽コンクール東京大会予選に出場。フルート部門の高校の部を勝ち抜き、10月16日に開催される東京大会本選への出場を決めた。本選へ進めるのは、応募した66人中21人だけという難関だ。

    「このコンクールは、音楽を志す誰もがあこがれる登竜門でもあります。第1回は1947年に開催された歴史あるコンクールで、毎日新聞社が主催していることから毎コンとも呼ばれます。この権威ある大会で
    入賞することは、大きな名誉です」(音楽関係者)

     今年の地区本選は北海道・東京・名古屋・大阪・北九州で行われ、地区本選を勝ち抜いたごくわずかな人だけが、11月下旬に横浜で開かれる全国大会に出場できる。

    「本選での課題曲には、音楽大学の学生でも弾きこなすのに苦労するような、さらに難易度の高い曲が指定されています。本選出場が決まった人は、今頃猛レッスン中でしょう。

     フルートは優雅なイメージがあるかもしれませんが、体力をとても必要とします。全国レベルとなると、食事を含めた生活面で、家族のしっかりしたサポートを受けている子ばかりです」(前出・音楽関係者)

     長女は、この地区予選に先立って行われた別のコンクールでもその実力を認められていた。8月末に開催された『日本奏楽コンクール』では、管楽器部門高校の部で、見事1位に輝いたのだ。

    「このコンクールは歴史は浅いですが、参加者は全国から集まっていてレベルが高い。さらにピアノや声楽などの全部門、幼児から社会人まで全年齢から決めるグランプリは『該当者なし』でしたが、準グランプリに
    木村さんの長女が選ばれています。実質、高校日本一といえます」(前出・音楽関係者)

    ※女性セブン2019年10月24日号

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191010-00000004-pseven-ent


    【【衝撃】木村拓哉&工藤静香の長女、心美ちゃんのフルートの実力がすごいらしいwwwww】の続きを読む


    工藤 静香(くどう しずか、1970年4月14日 - )は、日本の歌手、女優、タレント、宝飾デザイナー、画家。80年代アイドル。本名、木村 静香(きむら しずか、旧姓:工藤)。二科会絵画部会友。夫は俳優、歌手、タレントの木村拓哉、次女は作曲家、モデルのKōki,。 東京都出身。父親は青森市出身。 東京都立板橋高等学校
    54キロバイト (4,170 語) - 2019年8月2日 (金) 10:18



    (出典 xn--gmq28g4ju33b8lhm66busc.com)


    私も支援してますアピールかよ。
    この人、自分の顔好きだよねー。
    何かといつも自分の顔アップしてるけど、見せれる顔なのか?!

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/09/17(火) 12:27:15.98 ID:fONk0lH59.net

    歌手の工藤静香がインスタグラムで、台風15号の被害を受けた千葉県に言及した。

    工藤は15日にインスタグラムを更新し、「千葉県停電の1日も早い完全復旧を、心からお祈りしています」とつづったポストを投稿。薔薇を花瓶に生けた写真や、自身の顔を写した写真などを披露し、コメント欄でも「友人によると、断水している所にも今は自衛隊が入っているようです。千葉には友人が多いので連絡を取り合いながら、今何処に何を送ればよいのか、何が必要なのかを、引き続き連絡を取ってます」と、支援予定であることを明かしていた。

    このポストにファンからは、「発信ありがとうございます!」「早く完全復旧しますように」「1日も早い千葉県の復旧お祈りします」などという声が寄せられていたが、一方、ネット上からは、「なぜ自撮り…?」「自分の顔いらないでしょ。何アピール?」「復旧を心から祈ってる顔な訳?」などといった批判が集まってしまっていた。

    「また、台風被害から1週間経ってからの言及に、疑問を感じているアンチファンもいるようです。というのも、いまだ電気の復旧が遅れ散る地域もありますが、初期の段階で個人の支援が多く届き、一部では、現在は個人からの物資の受付を停止している地域も。初期の段階で心配の声を上げたり、女優の石田ひかりやタレントの紗栄子のように、実際に自身で物資を届けた芸能人たちとは違い、自撮り写真とともに復旧を祈った工藤に疑問の声が噴出してしまったようです」(芸能ライター)

    普段から自撮り写真の投稿が多い工藤のインスタグラムだが、あまりの場違い感に違和感を抱いたネットユーザーが多かったようだ。

    https://news.livedoor.com/article/detail/17093969/
    2019年9月17日 12時10分 リアルライブ


    【【悲報】工藤静香、千葉応援投稿に〇〇の顔を投稿!!なんで?何アピール?ネットで叩かれる…】の続きを読む


    工藤 静香(くどう しずか、1970年4月14日 - )は、日本の歌手、女優、タレント、宝飾デザイナー、画家。80年代アイドル。本名、木村 静香(きむら しずか、旧姓:工藤)。二科会絵画部会友。夫は俳優、歌手、タレントの木村拓哉、次女は作曲家、モデルのKōki,。 東京都出身。父親は青森市出身。 東京都立板橋高等学校
    54キロバイト (4,170 語) - 2019年8月2日 (金) 10:18



    (出典 geitopi.com)


    工藤静香は、服がダサい!!!!
    娘がモデルやってんだから、邪魔しない方がいいぞ!!!

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/08/03(土) 09:44:11.77 ID:rzLq0VTV9.net

    歌手の工藤静香がインスタグラム投稿した写真が話題になっている。

    6月に開幕したコンサートツアーの千秋楽を、去る7月28日に迎えた工藤。
    この日、インスタグラムのストーリー機能を使って《岐阜ラストのpop in 皆さまのおかげで無事に終了しました》と報告しつつ、
    笑顔を浮かべる自身の写真を投稿。《今日も素晴らしいスタンディングオベーションありがとうございました》とコメントを残した。

    さらに工藤は、同じ写真をアップにして載せ、《そして工藤静香の歌を聴きに来てくださった1万人の皆様、心から感謝いたします》《本当にありがとうございました》とファンへのお礼を述べた。

    この投稿にネット上では「何で同じ写真を2枚もアップにして投稿するんだろう」などと、首を傾げる声が続出した。

    さすが二科展常連のセンス!
    だが、工藤はその前にも〝謎のセンス〟を発揮している。7月21日付のインスタに、《私は夏でもウェスタンブーツは履きます 足が冷えなくていいのよ!》
    とつづり、ブーツを履いてポーズを取る写真をアップ。同時に自慢のブーツについて、
    《このウェスタンブーツは19年前の物です。19年前にファンクラブの会報に大きなお腹と一緒に載せた遠い記憶が、、、、》と、長女妊娠中の思い出の品だと明かした。

    View this post on Instagram
    私は夏でもウェスタンブーツは履きます????足が冷えなくていいのよ! このウェスタンブーツは19年前の物です。
    19年前にファンクラブの会報に大きなお腹と一緒に載せた遠い記憶が、、、、?? 当時は足の先の部分はもっと綺麗なブルーだった気がしますが、今のこのアジのある感じも大好きです。

    炎天下では履かないから、蒸れませぬ????

    A post shared by Kudo_shizuka (@kudo_shizuka) on Jul 20, 2019 at 9:21pm PDT

    ファンからは「本当に、いつも素敵な笑顔でキレイです」「ブーツとってもステキだよ~ん」「めちゃかわいいです」「生足でいけるなんてうらやましい」など、温かい声が送られていたが、匿名掲示板では、

    《臭そう》
    《見てるこっちが暑くなる》
    《いや絶対蒸れてるよ》
    《それ絶対臭いしダサいじゃん》

    など、その〝センス〟を疑う声が続出することに。

    工藤といえば、歌手以外にジュエリーデザイナーや画家としての顔もある。どちらも美的感覚が問われる仕事だが、このように斬新な感性を持っているからこそ、商売をやっていけているのかもしれない。

    http://dailynewsonline.jp/article/1949175/
    2019.08.03 07:31 まいじつ


    (出典 Youtube)
    &t=3321s
    工藤静香 シングルメドレー

    https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcRYahWuhJvXgMY_8ocF92JS5LBN0GLaoP4IOYBLn4GmaeKE0MBg

    (出典 scontent-atl3-1.cdninstagram.com)


    【【衝撃のダサさ】工藤静香の足元ファッションにみんなドン引き!!】の続きを読む


    工藤 静香(くどう しずか、1970年4月14日 - )は、日本の歌手、女優、タレント、宝飾デザイナー、画家。80年代アイドル。本名、木村 静香(きむら しずか、旧姓:工藤)。二科会絵画部会友。夫は俳優、歌手、タレントの木村拓哉、次女は作曲家、モデルのKōki,。 東京都出身。父親は青森市出身。 東京都立板橋高等学校
    54キロバイト (4,160 語) - 2019年7月25日 (木) 09:22



    (出典 geitopi.com)


    この人、ファッションセンスが…ダサすぎるよね。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/07/28(日) 20:02:44.06 ID:osH+lZHn9.net

    歌手の工藤静香が7月23日までに自身のインスタグラムを更新し、冷え対策として夏でもブーツを履いていることを明かして物議を醸している。

    「私は夏でもウェスタンブーツは履きます 足が冷えなくていいのよ! このウェスタンブーツは19年前の物です。
    19年前にファンクラブの会報に大きなお腹と一緒に載せた遠い記憶が、、、、当時は足の先の部分はもっと綺麗なブルーだった気がしますが、今のこのアジのある感じも大好きです。
    炎天下では履かないから、蒸れませぬ」との文章を投稿し、楽屋で撮影された、白いひざ上丈のワンピースに派手ながらのウエスタンブーツを履き、片足立ちでピースサインを決めた写真を載せている。

    ファンからは「19年前のブーツを大事にしてるしーちゃん素敵!」「生足でいけるなんて羨ましい」「私もブーツ履きたくなっちゃった」などのコメントが集まっている。

    一方ネット上では「暑い夏にこんなブーツ履いてたら、近くで脱がないでほしい…」「19年間…染みてそう」「冷えが悩みなら、
    まずはミニスカートとか生足をやめるべきじゃないかな」といった指摘もあがっている。

    「19年前ならともかく…というデザインに加え、年季も入ったブーツを夏に履くという暴挙は、工藤さんほどの選ばれた容姿、さらには汗のニオイを抑えられる健康的な食事を続けられる、
    いずれにしても選ばれた人のみが実現可能なことかもしれません。冷え性でお悩みの工藤さんのファンは、くれぐれも真似をされないほうがいいでしょうね。
    日本の蒸し暑い夏の日にウェスタンブーツを履いていたら、自身はよくても周囲の人が暑苦しくてしょうがいですし、
    まさに工藤さんに対するネットの声のような陰口を叩かれてしまいかねません」(エンタメ誌ライター)

    またしても工藤は、市井の人々との違いを見せつけてしまったようだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1942113/
    2019.07.28 18:15 アサジョ


    (出典 Youtube)

    Shizuka Kudo - カレリア


    【【衝撃】工藤静香が木村拓哉とお揃いの足首タトゥー、インスタ披露!!】の続きを読む

    このページのトップヘ