芸能早まとめ

芸能早まとめは、芸能、俳優、女優、アイドル、モデル、韓国の俳優、
韓国の歌手、声優、アーティスト、の最新情報をまとめたブログです。
おもしろいと思ったら、ぜひフォローしてお願いします!!

    カテゴリ:タレント > 若槻千夏


    若槻 千夏(わかつき ちなつ、1984年5月28日 - )は、日本のバラエティアイドル。元グラビアアイドル。結婚前の本名:栗原 千春(くりはら ちはる)。所属事務所はプラチナムプロダクション。 2001年 17歳の時に友人と渋谷109に遊びに来ていたところを現所属事務所からスカウトされる。
    58キロバイト (7,973 語) - 2019年6月27日 (木) 08:37



    (出典 image.news.livedoor.com)


    一回いなくなったのに、ママタレントとして売れてるわけじゃない所が、すごい。

    1 湛然 ★ :2019/09/27(金) 05:11:10.26 ID:svNQdkLc9.net

    9/26(木) 11:10 SmartFLASH
    若槻千夏、復帰して気づいた芸能界「*屋の目でキレる人が…」
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190926-00010002-flash-ent

    Copyright (C) 2019 Kobunsha Co., Ltd. All Rights Reserved.

    (出典 amd.c.yimg.jp)



     タレントの若槻千夏が、『あちこちオードリー~春日の店あいてますよ?~』の9月23日放送回に出演し、芸能活動休業から復帰したあとの芸能界について語った。

     若槻は、17歳でデビューしてバラエティ番組を席巻したあと、2010年代から徐々に芸能活動からフェイドアウトし、2015年12月ごろに復帰を果たした。休業状態から、元の仕事量まで戻した彼女に、共演者たちは「腕がすごい」と賞賛の声をあげる。

    「究極に図々しいですよね……。すごいとは思っていないです、本当に。ただ、めちゃめちゃ勉強してる、誰よりも(笑)。これは隠さずに、言いますよ。バラエティのノートつけたりするのを、休んでいるあいだもしていたし、今もずっとしてる」

     勉強熱心な若槻には、最近はまっている “趣味” があるという。

    「もうちょっと溜まってから言いたかったんですけど、個人的に『タレント名鑑』作ってます。共演した人たちが、『こういう人かな』っていうふうに思ったことを、ちょっとずつメモっていくんですよ。もう現場で感じたことだけを書きます。ネットとか、ゴシップ情報とか、噂話はNG。

     そうすると、『この人とはちょっとやり合いできるな』『この人は冗談通じないな』とか、見えてくる。昔は、誰も怒らなかったんですよ。『冗談だ』って、みんなわかってくれていた。だから、中尾彬さんにもガンガン言えたし(笑)。芸能界に戻ってきたら、『この人マジで怒るじゃん』って人が多いんですよ」

    「やり合いできる」という相手は、どう判断しているのか。

    「ほかの人がグイグイいって、めちゃめちゃキレられてるときとかあるんですよ。たとえば、前列の年長の人に対して、2列めの若い子がちょっとタメ口でいったときに、『なんだよ』って冗談っぽくツッコみながらも、めっちゃ*屋みたいな目をしているとか。

     私、ひな壇の2列めの端にいることが多いので、そのときに、『あ、この人本当にダメなんだ』って。関係性つくらないと踏み込んじゃダメな人は、ちょこちょこメモっていって。グラデーションで分かれています、『初対面でいけた』とか。

     あ、(長嶋)一茂さんとか、(石原)良純さんは、相変わらずズケズケ言っても大丈夫だなあと(笑)」

     気になるのは、“名鑑” の中身だが……。

    「(共演者の橋本)マナミちゃんは、『女優さんなのにガンガン言って平気』とか、『変なフリをしても乗ってくれてた』とか。(MCの)オードリーさんは、まず『挨拶して大丈夫』って書いてあります。『挨拶いらない、前室でOK』という人もいるから、大事です」

     若槻は復帰後、『解決!ナイナイアンサー』(日本テレビ系)の2016年8月2日放送回で、芸能活動を離れた理由についてこう語っていた。

    《バカキャラみたいのが流行っていたから、(バカキャラを)求められることが多くて。自分の器が満杯になっちゃって、「何したらいいんだろう」みたいな感じで。だからテレビが嫌いになって休んだ。テレビから逃げてたんです》

    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)


    【【衝撃】若槻千夏が復帰して気づいた事。〇し屋の目でキレる人が…】の続きを読む


    若槻 千夏(わかつき ちなつ、1984年5月28日 - )は、日本のバラエティアイドル。元グラビアアイドル。結婚前の本名:栗原 千春(くりはら ちはる)。所属事務所はプラチナムプロダクション。 2001年 17歳の時に友人と渋谷109に遊びに来ていたところを現所属事務所からスカウトされる。
    58キロバイト (7,973 語) - 2019年6月27日 (木) 08:37



    (出典 image.news.livedoor.com)


    一回いなくなったのに、ママタレントとして売れてるわけじゃない所が、すごい。

    1 湛然 ★ :2019/09/27(金) 05:11:10.26 ID:svNQdkLc9.net

    9/26(木) 11:10 SmartFLASH
    若槻千夏、復帰して気づいた芸能界「*屋の目でキレる人が…」
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190926-00010002-flash-ent

    Copyright (C) 2019 Kobunsha Co., Ltd. All Rights Reserved.

    (出典 amd.c.yimg.jp)



     タレントの若槻千夏が、『あちこちオードリー~春日の店あいてますよ?~』の9月23日放送回に出演し、芸能活動休業から復帰したあとの芸能界について語った。

     若槻は、17歳でデビューしてバラエティ番組を席巻したあと、2010年代から徐々に芸能活動からフェイドアウトし、2015年12月ごろに復帰を果たした。休業状態から、元の仕事量まで戻した彼女に、共演者たちは「腕がすごい」と賞賛の声をあげる。

    「究極に図々しいですよね……。すごいとは思っていないです、本当に。ただ、めちゃめちゃ勉強してる、誰よりも(笑)。これは隠さずに、言いますよ。バラエティのノートつけたりするのを、休んでいるあいだもしていたし、今もずっとしてる」

     勉強熱心な若槻には、最近はまっている “趣味” があるという。

    「もうちょっと溜まってから言いたかったんですけど、個人的に『タレント名鑑』作ってます。共演した人たちが、『こういう人かな』っていうふうに思ったことを、ちょっとずつメモっていくんですよ。もう現場で感じたことだけを書きます。ネットとか、ゴシップ情報とか、噂話はNG。

     そうすると、『この人とはちょっとやり合いできるな』『この人は冗談通じないな』とか、見えてくる。昔は、誰も怒らなかったんですよ。『冗談だ』って、みんなわかってくれていた。だから、中尾彬さんにもガンガン言えたし(笑)。芸能界に戻ってきたら、『この人マジで怒るじゃん』って人が多いんですよ」

    「やり合いできる」という相手は、どう判断しているのか。

    「ほかの人がグイグイいって、めちゃめちゃキレられてるときとかあるんですよ。たとえば、前列の年長の人に対して、2列めの若い子がちょっとタメ口でいったときに、『なんだよ』って冗談っぽくツッコみながらも、めっちゃ*屋みたいな目をしているとか。

     私、ひな壇の2列めの端にいることが多いので、そのときに、『あ、この人本当にダメなんだ』って。関係性つくらないと踏み込んじゃダメな人は、ちょこちょこメモっていって。グラデーションで分かれています、『初対面でいけた』とか。

     あ、(長嶋)一茂さんとか、(石原)良純さんは、相変わらずズケズケ言っても大丈夫だなあと(笑)」

     気になるのは、“名鑑” の中身だが……。

    「(共演者の橋本)マナミちゃんは、『女優さんなのにガンガン言って平気』とか、『変なフリをしても乗ってくれてた』とか。(MCの)オードリーさんは、まず『挨拶して大丈夫』って書いてあります。『挨拶いらない、前室でOK』という人もいるから、大事です」

     若槻は復帰後、『解決!ナイナイアンサー』(日本テレビ系)の2016年8月2日放送回で、芸能活動を離れた理由についてこう語っていた。

    《バカキャラみたいのが流行っていたから、(バカキャラを)求められることが多くて。自分の器が満杯になっちゃって、「何したらいいんだろう」みたいな感じで。だからテレビが嫌いになって休んだ。テレビから逃げてたんです》

    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)


    【【衝撃】若槻千夏が復帰して気づいた事。〇し屋の目でキレる人が…】の続きを読む

    このページのトップヘ